犬派・猫派でわかる!あなたの性格と恋愛診断

スポンサードリンク

 

最近では、猫を飼う人も増えてきたためか『犬派』『猫派』といった分け方をされることも多くなってきました。

さらに心理学の観点では、犬好き(犬派)か猫好き(猫派)かによって、性格や恋愛のタイプに至るまで、明らかな違いがあることもわかってきているようです。

そこで今回は、そんな犬派か猫派かによってわかる性格や恋愛の診断パターンをまとめてみました。

『犬派』『猫派』の違い

猫と犬のイラスト(11cats コキチ)

犬派の人は、圧倒的に男性の比率が高く、また犬と似た性格の人が多いともいわれています。

また1人暮らしよりも家族と暮している傾向にあり、既婚者の割合も高いようです。

一方、猫派はといえば、女性の比率が高く、自由を求めるタイプが多いよう。

さらに独身者が多く、都会に住んでいる割合が高いようです。

確かに犬は男の子、猫は女の子といったイメージがありますが、ここまでハッキリと分かれるものなのですね。

ちなみに余談ではありますが『犬派』の人の方が、スマホを使っている割合が、猫派の人より23%高いそうです。

性格診断

ここから先は、わかりやすく箇条書きでご紹介しようと思います。

あなたに思い当たる節は、いくつあるでしょうか?

犬派の人の性格

犬のイラスト(11cats)

・性格は明るく社交的
・あまり人見知りをしない
・人の話を聞くことが好き
・甘えられると嬉しい
・どちらかといえばアウトドア好き
・相談話を持ちかけられやすい
・自分のことよりも協調性を大切にする
・上下関係を重んじる
・思ったことはすぐ口にする
・好きなものは最後に食べる
・営業職が得意
・団体スポーツが得意

猫派の人の性格

猫のイラスト(11cats コキチ)

・個人主義でマイペース
・知らない人と話すのは苦手
・パーティーなど人が集まる所が苦手
・好き嫌いがハッキリしている
・基本的にワガママ
・1日中家の中にいても平気
・オシャレなお店や雑貨が好き
・自分の意見がはっきり言えない
・団体行動が苦手
・アーティスト思考
・集中力が持続しない
・スポーツは苦手

犬派・猫派で見る性格診断では、ほとんど真逆といっていいほど、その性格には違いがあるようです。

ざっくりまとめると『犬派は明るいリーダータイプ』『猫派は繊細な秀才タイプ』といったところでしょうか?

スポンサードリンク


恋愛診断

様々な診断の中でも、特に人気の高い『恋愛診断』

性格には大きな違いのあった犬派と猫派ですが、恋愛にはどんな違いがあるのでしょうか?

犬派の人の恋愛傾向

犬のイラスト(11cats)

・寂しがり屋
・甘えん坊
・世話好き(おせっかい)
・いつも一緒にいたいと考える
・相手に尽くすことで喜びを得る
・独占欲が強い
・相手の友人や親族とも仲良くなれる
・周りにどう見られているかを気にする
・愛情表現がストレート
・相手との時間を何よりも大切にする

猫派の人の恋愛傾向

猫のイラスト(11cats コキチ)

・束縛されることを嫌う
・甘え下手
・基本的にワガママ
・一度、嫌いだと思うととことん嫌いになる
・刺激的な恋愛を求める
・相手に合わせることが苦手
・自分の恋愛観が第一
・感性を刺激されるデートが好き
・自分の気持ちを伝えることが下手
・相手とよりも1人の時間を大切にする

性格でも真逆のタイプであったように、犬派・猫派は、恋愛のタイプや傾向にも大きな違いがあるようです。

こうして見てみると、猫派の相手との恋愛は少々ガマンをしなければならない場面や、より深く気を使ってあげないといけない必要がありそうですね。

犬派・猫派でわかる!あなたの性格と恋愛診断 まとめ

猫と犬のイラスト2(11cats コキチ)

いかがでしたか?

あなたの性格や恋愛傾向は『犬派』『猫派』のどちらだったでしょうか?

もちろん、この結果が全てというわけではありませんが、もし今のあなたに「仲良くしたい」と思う人や「付き合いたい」と想っている人がいるのであれば、参考にしてみるのもよいかもしれません。

本記事が、あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク


この記事を書いた人
モーさん
我が家での立ち位置は、チョム、コキチに続いて3番目。このブログの構成、イラスト、ライター担当。猫に好かれたい一心で、猫の気持ちを理解しようと日夜研究に勤しむが、ややカラ回り気味。実は猫アレルギー持ち。
 
 

コメントを残す

このページのトップへ