「そんなのあるの?」猫の驚き世界ギネス記録の数々

スポンサードリンク

 

猫のさまざまな世界ギネス記録

猫のギネス記録というと、やはり『年齢』にまつわるものが有名ですが、実は他にもさまざまな面白いギネス記録をもった猫たちがいることはご存知でしょうか?

そこで今回は、そんな面白いギネス世界記録を持った世界の猫たちを集めてみました。

猫の長寿ギネス世界記録『38歳』

ギネス認定された世界最高齢の猫『クリーム・パフちゃん』

出典:http://chickgeek.org/

世界最長寿として、2010年にギネス記録に登録された猫は、アメリカはテキサス州出身の『クリーム・パフちゃん(♀)』で、その年齢はなんと38歳!

これは人間の年齢に換算すると「168歳」に相当するという、とんでもない記録です。

ちなみに世界2位の長寿記録としてギネス登録されているのは、毛のない猫として知られるスフィンクス種の『グランパ・レックス・アレンちゃん(♀)』の34歳。

ギネス認定された世界第2位の長寿猫『グランパちゃん』の画像

出典:http://edition.cnn.com/

実はこのグランパちゃん、1位記録を持つクリーム・パフちゃんと同じ家で育ち、一緒に暮らしていたというから驚きです。

この2匹の同居人であるジェイク・ペリーさんの話によれば、クリームパフちゃんもグランパちゃんも野菜がとても大好きだったそうで「これが長寿の秘訣だったのかもしれない」と語っているそうです。

世界一体の長い猫 ギネス世界記録『123cm』

こちらは「体が世界で一番長い」というちょっと変わったギネス記録で、その全長(鼻先からしっぽの先まで)は驚きの123cm!

ギネス全長世界記録をもつ猫 メインクーンの『ステウィーくん』の画像

出典:http://abcnews.go.com/

2010年にギネス認定されたこの記録を持つ猫は、アメリカはネバダ州に住むメインクーンの『ステウィーくん(♂)』

なんでもステウィーくんは、同居人の友人が遊びに来るたび「なんて体が長い猫なの!」と毎回驚かれることから、なんとなくギネスに報告してみたところ、実は「世界で一番体が長い猫であること」が判明したそうです。

ちなみにステウィーくんは『世界一しっぽの長い猫』としての記録も持っているのだとか。

それまでの猫の全長ギネス記録は「121cm」。

ステウィーくんはその記録を1.3cmほど更新していたそうで、そのまま『新しいギネス記録保持猫』として登録されました。

顔だけ見るとそれほど大きな猫には見えませんが、これだけ体が長いとなるとやっぱりご飯もたくさん食べるのでしょうか?

スポンサードリンク


猫の体 世界最小のギネス世界記録『13.5cm』

世界最小の猫としてギネス記録を持つ マンチカンの『ピクセルちゃん』の画像

出典:http://www.youtube.com/ © Ruaridh Connellan / Barcroft USA

今度は『世界最小の猫』という、なんとも可愛らしいギネス記録です。

今回ご紹介するのは、成猫であるにもかかわらず、足から肩までのサイズが13.5cmしかないという、マンチカンの『ピクセルちゃん(?)』

厳密には『世界最小の猫』としてギネス記録認定されているのは、ピクセルちゃんのお母さんである『フィズガールちゃん』なのですが、その記録は『15cm』とピクセルちゃんよりも大きく、現在は新記録の申請中であるとのことです。

ピクセルちゃんとフィズガールちゃんの同居人であるティファニーさんによれば、体の小さな猫と暮らしていくためには気苦労も絶えないようで、ドアの開け閉めや家の中を歩く際には蹴飛ばしてしまわないよう、とても気を使っているそうです。

そんなピクセルちゃんとピクセルちゃんの家族の様子は、Youtubeで動画もアップされていましたので、こちらもご紹介したいと思います。

ちなみにネット上では、過去に『世界最小のギネス記録を持つ猫』として下記の画像がツイッターを介して拡散され、大きな話題になったことがありましたが、こちらはどうやら誰かが作った合成写真だったようです。

世界最小の猫としてギネス記録を持つ猫 のコラージュ画像

出典:http://emija.hatenablog.com/

この「手のひらに収まる小さな猫」を信じて心を奪われた人々からは「やっぱりウソだったのか・・」といった落胆の声とともに「本当だったら良かったのにな」という声もあがっていました。

確かにニセ物の画像であるとはいえ、手のひらの上で眠る小さな猫は、ファンタジーの世界に通づるような不思議な魅力がありますね。

猫の体 世界最大のギネス世界記録『9kg』

世界最大の猫としてギネス記録を持つ猫 メインクーンのルパートくんの画像

出典:http://www.dailymail.co.uk/ © Chris Scott / Newspix / Rex Featur

続いては『世界最大の猫』としてギネス記録に登録されている、メインクーンの『ルパートくん(♂)』

ルパートくんは、見た目にも特に肥満体型というわけでもなさそうなのですが、その体重はなんと9kg!

上記の画像からもわかるように、ちょっとした小学生くらいの大きさはある巨大猫です。

一般的な猫と比べてもこの通り。

世界最大の猫としてギネス記録を持つ猫 メインクーンのルパートくんの画像2

出典:http://www.dailymail.co.uk/ © Chris Scott / Newspix / Rex Featur

ルパートくんの迫力にちょっと押され気味な白猫さんの姿も可愛いですが、まるでライオンの親子のようにも見えるこの不可思議な画像は、何度も見返してしまう迫力と魅力であふれています。

ギネス記録に関する出典:http://www.guinnessworldrecords.comhttp://kage-design.com/

世界のギネス記録を持つ猫たち まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は世界中のさまざまなギネス記録を持つ猫たちにスポットを当てて、それらの栄えある記録の数々をまとめてみました。

長生き猫さんや体の長い猫さん、小さな猫さんから大きな猫さんといった本当に驚きのギネス記録を持つ猫たちが、世界にはたくさんいるんですね。

我が家の11匹の中には、とにかくよく喋る(何を言っているかはわからない)『コキチ』という猫がいるんですが、そのうち人語を話すようになったらギネスに連絡してみたいと思っています。

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
「いいね 」 してね!

 
 
この記事を書いた人
モーさん
子供のころから大の猫好きであるものの、実は重度の猫アレルギー持ち。11Catsの面々からは「おもちゃとオヤツをやたらと買ってくる人間」として重宝されているが、基本的にはナメられている。本ブログのイラスト担当。
 

3 Responses to “「そんなのあるの?」猫の驚き世界ギネス記録の数々”

  1. 星夢 より:

    クロアシネコの世界最小画像、コラだったのか…
    残念

  2. ネッコ より:

    体長という言葉の使い方が間違っていると思うのですが、、、

    体長と全長の違い、一度調べてみて下さい

    • モーさん モーさん より:

      ネッコさま

      この度のご指摘、誠にありがとうございました!

      体長は「頭部としっぽを含めない体の長さ」を指す言葉なんですね(汗)体長と全長を、全く同じ意味合いで使ってしまっていました。

      いただいたアドバイスを基に、記事内の当該部分を修正させていただきました!

コメントを残す

このページのトップへ