実は猫が嫌いなにおい ワースト5「あなたの家は大丈夫?」

スポンサードリンク

 

鼻をつまむ猫のイラスト(11Cats ボス)

あなたが愛猫さんの気持ちを一番に考えた暮らしを送る中で、ついつい忘れてしまいがちなのが『猫が嫌いなにおい』です。

人間は猫と比べるとそこまで鼻がきくわけではないので、生活の中の匂いはそれほど気にしていなかったという方も多いのではないでしょうか?

しかし、そんな人間にとってはささいな匂いも、愛猫さんにとっては大きなストレスの原因になってしまっているかもしれません。

そこで今回は『猫の嫌いなにおい ワースト5』と称し、愛猫さんの暮らしに身近なものから、猫が苦手とする匂いがするものを取り上げてみたいと思います。

本記事が、あなたと愛猫さんの暮らしのお役に立てれば幸いです。

猫が嫌いな匂い その1『みかん・レモンなどの柑橘系の匂い』

柑橘系果物の画像

これは非常に有名な説なので、ご存知の方も多いかと思われます。

猫が苦手とする匂いは、基本的に『酸っぱい匂い』や『腐敗臭』で、これは猫が野生で暮らしていたころの名残に由来します。

野生の猫の食事は狩猟で得た獲物であり、主食は生肉でした。

また、猫の祖先は砂漠で暮らしていたため、生肉はとくに傷みやすく『腐った肉』を嗅ぎ分けることは、食中毒の危険や死へのリスクを避けるための重要な課題だったのです。

そこで、猫の祖先は嗅覚を進化させることで、その肉が食べても大丈夫なのかどうかを匂いで判断し、自らの命の保全と種の存続を果たしました。

こうした理由から、猫は『酸っぱい匂い』や『腐敗臭』に対して敏感になっていったのです。

とはいえ、猫がみかんやレモンを直接食べるわけではありませんし、現代の生活習慣では各ご家庭ごとの差はあれど、みかんは比較的身近なものでもあります。

そのため、みかんやレモンそのものが大の苦手で、少し匂いがしただけでも急いで逃げていく、という子は少なくなってきているともいわれています。

また、どちからといえば、本物のみかんやレモンよりも『みかん味』『レモン風味』といった加工食品(おかしやジュース)や、芳香剤の方が嫌がる傾向にあります。

さらには、愛猫さんの食器を洗う洗剤にも、柑橘系の匂いが付けられているものが多いです。

こうした『柑橘系の匂いがするもの』は、実は愛猫さんが人知れずストレスを感じている可能性があるので、できる限り使わないようにしてあげましょう。

猫が嫌いな匂い その2『フローラル系の洗剤や香水』

フローラル洗剤の画像

数年前に海外から多くの商品が輸入され、ちょっとしたブームにもなっていた『香りの続く洗濯用洗剤』

そんな中でも特に人気なのが『フローラル系』の香りがするものです。

しかし猫にとっては、この『フローラルの香り』は不快な匂いで、ストレスを与えてしまう原因にもなってしまっているようです。

これは、香りの強い洗剤や香水に含まれる科学成分が、猫にとって不快と感じさせる要素を含んでいるからであると考えられています。

また、ボディーソープやシャンプーでも、匂いの強いものには苦手反応を示す場合があります。

あなたがお風呂から上がった際、異様に愛猫さんがスリスリしてきたという経験はありませんか?

これは、ボディーソープやシャンプーにの強い匂いによって自分の匂いが消えてしまったことに不安を感じ、慌てて自分の匂いを付け直そうとしている行為であるともいわれています。

愛猫さんは、あなたから自分の付けた匂いがすることで安心します。

お風呂に入らない、洗濯をしないというのはさすがに行き過ぎた行為ですが、せめて香りは弱いものを選んであげることも、愛猫さんへの心遣いとしては必要なことなのかもしれません。

猫が嫌いな匂い その3『湿布・かゆみどめなどのハッカ系の匂い』

湿布のイラスト

肩こりや打撲で湿布を貼ったり、虫刺されでかゆみどめを塗るといったことは、誰にでも経験があるはずです。

しかし、こうした湿布やかゆみどめなどの『ハッカ系』の匂いも猫は苦手なようです。

これは湿布独特の刺激臭や、かゆみどめに含まれるメントール臭が、本来猫の苦手とする『酸っぱい匂い』や『腐敗臭』に通づるものがあるからではないかと考えられています。

しかし、一部では例外もあるようです。

実は、我が家の愛猫たちの中には湿布の匂いが好きな子もいて、どちらかといえば嫌がっているというよりは興味深々で寄ってきます。

スポンサードリンク


これについてはいろいろと調べてみたところ、決して我が家だけの特別な例ではなく、湿布の匂いが好きな愛猫さんも意外と多いことがわかりました。

これは『メントール臭』から、またたびに含まれる『心地よい刺激』を感じているのではないか、という説が有力で、確かに我が家でも、またたびが好きな子ほど湿布の匂いに興味を示す傾向にありました。

これは、愛猫に直接聞いてみないと本当のところはわかりませんが、少なくとも湿布やかゆみどめを舐めさせないようにだけは十分に気を付けています。

あなたの家の愛猫さんはいかがでしょうか?

猫が嫌いな匂い その4『とうがらしやこしょうなどの香辛料の匂い』

香辛料の画像

一見すると、またたびに近い印象を受ける香辛料も、猫の嫌いな匂いの一種で、とくに『こしょうの匂い』が苦手な傾向にあるようです。

また、とうがらし、こしょう、ペッパー系の香辛料は、猫が食べると胃腸炎を引き起こすなどの重大な事態となる場合がありますので、誤食させたり、これらの香辛料を含んだ料理は絶対に食べさせないよう注意してください。

本来、人間が食べるように作られた香辛料や食べ物は、猫にとっては刺激や塩分が強すぎです。

『におい』という外的な要因よりも『食べる』という体内に取り込んでしまう行為は、時に思いもがけない事態を招きます。

あなたの愛猫さんの健康のためにも、食べ物には『におい』以上に気を使ってあげてください。

猫が嫌いな匂い その5『男性の汗の匂い』

汗を拭く男性の画像

これは比較的新しい説なのですが、2014年『Nature Methods』に発表された論文によれば『男性の体臭は、強い生理的ストレス反応を誘発し、ストレス誘導性無痛覚を引き起こす効果がある」とのこと。

実験で使われた『男性の体臭』とは脇の下の汗のにおいで、この気の毒な実験の対象となった動物はネズミでした。

しかし、この実験結果から『男性の汗の匂いには動物にとってストレスを感じさせる成分が含まていれる』ということがわかったのです。

この理由について、実験を行ったカナダの大学疼痛遺伝学研究室のリーダーJeffrey Mogilさんによれば『いくつかの種は生まれつき、単独でいるオスの匂いに反応して不安を感じる性質が備わっているためかもしれない』と語られています。

つまり野生の世界では、単独でいるオスほど獲物を取ろうとしたり、縄張りを守ろうと攻撃的になっているため、これらの危険を感じさせる『オスのにおい』には、ストレスを感じるようになったのではないかということでした。

ちなみに、女性研究者のTシャツを使った実験では、全くネズミがストレスを感じることはなく、むしろ男性のにおいを打ち消す効果まであったそうです。

男性の方が愛猫さんと接する際には、事前にシャワーを浴びた方がよいかもしれません。

かくゆう私も、できるだけ愛猫たちに嫌われないよう、汗をかいたあとはすぐにシャワーを浴びるように心がけています。

出典:NATIONAL GEOGRAPHIC より

猫が嫌いな匂い まとめ

鼻をつまむ猫のイラストと人間(11Cats ボス&モーさん)

いかがだったでしょうか?

今回は、あなたと愛猫さんの生活に身近なところから『猫の嫌いなにおい ワースト5』をお届けしました。

あなたが知らなかった『猫の嫌いなにおい』はいくつあったでしょうか?

また、今回ご紹介した猫の嫌いなにおいは、生活習慣や同居人の暮らし方によって、大きな個体差が出るようです。

我が家であれば、柑橘系やハッカ系の匂いが嫌いな子もいれば、寄ってくる子もいたり、洗い終わったばかりの畳んである洗濯物の上で昼寝をすることが好きな子がいたりと本当に様々です。

しかし、猫は基本的に自分に不利益な感情は隠す傾向にあるので、実はこっそりとストレスを溜めてしまっている可能性もあります。

昔からいわれていること、科学的な根拠があるものまでその信憑性は様々ですが、せめてここで挙げた5つを愛猫さんに近づけさせない配慮も、お互いの暮らしを少しでも豊かにしていくためには、必要なことであると考えています。

本記事が、あなたと愛猫さんの暮らしのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク


この記事を書いた人
モーさん
我が家での立ち位置は、チョム、コキチに続いて3番目。このブログの構成、イラスト、ライター担当。猫に好かれたい一心で、猫の気持ちを理解しようと日夜研究に勤しむが、ややカラ回り気味。実は猫アレルギー持ち。
 
 

コメントを残す

このページのトップへ