「その発想はなかった」海外で人気の猫のおもちゃ 5選

スポンサードリンク

 

トンネルのおもちゃで遊ぶ猫のイラスト(11Cats ジュンジ)

猫のおもちゃといえば、猫じゃらしやねずみを型どった物など、いろいろと面白い発想から作られた商品が販売されています。

これらは、近所のペットショップやホームセンター、またネットでも気軽に購入することができます。

そんな猫のおもちゃを選んでいる時間は、猫と暮らす私たちにとって、想像力や期待感を膨らませることのできる、とても幸せなひとときです。

しかし、もしかすると我が家の様に「こうした気軽に手に入る物はすでに購入済みの物ばかりで、目新しいおもちゃがない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、いつも日本で見かけるおもちゃとはちょっと違った視点で作られた、海外の面白い猫のおもちゃを探してみました。

海外のAmazonレビューや個人の方が書いている猫ブログの記事を参考に、私たちが独断と偏見で選んだ5つをご紹介します。

あなたの家の愛猫さん好みのおもちゃは見つかるでしょうか?

ターボスクラッチャー

猫のおもちゃ(ターボスクラッチャー)

出典:Amazon.com

円形の爪研ぎにボールとレールが付いたという、とてもシンプルなおもちゃですが、この商品はアメリカで『猫のおもちゃ賞』を受賞したという、輝かしい経歴を持っています。

実際に、アメリカのAmazonの猫のおもちゃランキングでも1位を獲得(2015年4月現在)レビューでも高評価の多い満足度の高い商品です。

我が家でも、遊んで欲しいアピールを爪研ぎの上でする子や、遊びの最中にちょくちょく爪を研ぎに行く子がいるので、なかなか期待できそうなおもちゃだと考えています。

ただし、真ん中の爪研ぎ部分が特殊な形をしているので、消耗品ということを考えると、少しコストがかかりそうですね。

カラフルスプリングス

猫のおもちゃ(カラフルスプリングス)

出典:Amazon.com

正直、この商品は「本当に猫にウケるの?」と思ってしまいそうですが、こちらもアメリカのAmazonランキングでは、5位を獲得している人気の商品です。

レビューでも高評価がたくさんついており、さらには価格も安いので、一度試してみる価値はありそうです。

我が家では、シロキーとジュンジがこういった『駄菓子のオマケ系おもちゃ』が大好きなので、そこそこ期待しています。

ただし、こうした小さなおもちゃは、間違って飲み込まないよう注意が必要です。常に出しっぱなしにしておくのではなく、一緒に遊べるときにだけ使用するようにしましょう。

キャットツリー

猫のおもちゃ(人工観葉植物付きのキャットタワー)

出典:Amazon.com

ぱっと見、ただの人工観葉植物に見えますが、これはれっきとしたキャットタワーです。いかにもアメリカらしい発想ですね。

Amazon.comでも、レビュー数こそ少ないものの、その評価は高くなかなかの人気商品のようです。

ただ個人的な意見としては、人工の葉っぱのツルが、登り降りする際に足に引っかかるんじゃないかといった心配もあります。

あまり家中を走り回ったりしない、大人しい子と暮らしているお家なら、隠れ場所として用意してあげる分にはアリかもしれないですね。

キャットニップ詰め替え用おもちゃ

猫のおもちゃ(キャットニップ詰め替え用おもちゃ)

出典:Amazon.com

海外ではメジャーな『キャットニップ』を詰めて遊ぶことのことのできるおもちゃです。

キャットニップとは、日本でいうところのまたたびのようなもので、猫のストレス解消効果やリラックス効果のあるハーブ。日本でもちょっとこだわりを持ったお店にいくと売られていることがあります。

また人間も、ハーブティーとして飲むこともでき、海外ではポピュラーな猫用商品として愛されています。

我が家では、もっぱらまたたび派の子たちの方が多いので、キャットニップにあまり出番はないのですが、またたびに全く興味を示さない子と暮らしている方なら、一度、試してみる価値があるかもしれません。

猫用パズルゲーム

猫のおもちゃ(ダンボール製の猫用パズルゲーム)

出典:Amazon.com

ダンボール製で、各所にいろいろな形の穴が空いた猫用のパズルゲーム。内部が3層に分かれていて、ここにおやつやおもちゃを隠すことで、愛猫さんの本能を刺激することもできる、知育玩具にも似た猫用おもちゃです。

猫はなぜかダンボールが好きなので、これだけでもウケが良さそうな印象を受けますが『隙間に隠れた獲物』というもう一つの要素も加わっているので、これはよっぽどのことがない限り、外れない商品でしょう。

ただちょっと頑張れば、空きダンボールを使って自分で作ることもできそうです。

我が家では、11匹分の猫砂やカリカリをまとめて購入するため、毎回、大量のダンボールが溜まっていきます。

これを、隠れ家用に改造したり、繋げて簡易のキャットタワーにして再利用しているので、次回はパズルゲームという観点で、この商品を参考にしたおもちゃを作ってみたいと思っています。

まとめ

トンネルのおもちゃで遊ぶ猫のイラスト2(11Cats ジュンジ)

今回は、日本ではあまり見かけない海外の猫のおもちゃを5つご紹介しました。

海外の猫のおもちゃには、文化や家の規模などの違いから、私たちの常識を超える発想の商品がたくさんあります。また、デザインもおしゃれな物が多く、人間としての購買意欲もそそられます。

しかし、何よりも大切なことは『愛猫が安全に楽しめること』これを忘れてはいけません。

今回は、できるだけ日本人の視点とは違った面白いものをご紹介したつもりですが、あなたの愛猫さんが気に入ってくれそうなおもちゃは見つかったでしょうか?

スポンサードリンク



この記事を書いた人
モーさん
我が家での立ち位置は、チョム、コキチに続いて3番目。このブログの構成、イラスト、ライター担当。猫に好かれたい一心で、猫の気持ちを理解しようと日夜研究に勤しむが、ややカラ回り気味。実は猫アレルギー持ち。
 
 

コメントを残す

このページのトップへ