日本で人気の猫の種類ランキング ベスト5

スポンサードリンク

 

日本では、今まで猫よりも犬のほうが人気があり、犬と一緒に暮らしている人のほうが圧倒的に多いといわれてきました。

しかし、ここ数年で猫の人気が急上昇し、猫と暮らすご家庭の数が犬と暮らすご家庭の数を追い越すのではないかとも噂されています。

この理由は「世の中の人々の生活リズムの変化によって、主体的な猫のほうが飼いやすくなった」また「大手メディアの猫マーケテイングの成果である」など、いろいろな説がありますが、一般社団法人ペットフード協会の調査によれば『犬を飼う世帯が減少している』ことも理由に挙げられるとのことです。

いきなり、小難しいお話から入ってしまいましたが、いち猫好きとしては「猫と暮らす人が増えていること」はとても嬉しく感じており、一人でも多く猫好きな人が増えてくれればいいなと思っています。

そこで今回は、そんな新しい猫好きさんたちのために『日本で人気の猫の種類ランキング ベスト5』をご紹介したいと思います。

個人的には、その子その子の個性を一番にと考えているので、猫の種類にあまりこだわったことはないのですが「どうしてもあの種じゃないとイヤ」という人もいるかと思いますので、そんな人のお役に立てれば幸いです。

データ参照:IRIS 猫の国勢調査2015 より

第1位『MIX・雑種』

MIX・雑種の猫の画像(11Cats)

日本では、人間と一緒に暮らしている猫のおよそ80%近くが『MIX・雑種』です。

そのため人気というよりは「猫の種類にはこだわらない人」の割合が高いため、ランキングでは1位となったようです。

ちなみに我が家の11匹は、全員『雑種』で元・野良猫です。

現在、猫と暮らしている人の中には「野良猫を保護してそのまま家族になった」という我が家のような事例も多いのではないでしょうか?

そんな『MIX・雑種』の魅力は、何といっても「自由すぎるほどの猫らしい性格」と「体の強さ」です。

元・野良猫でなければ、それほど自由すぎることはないかもしれませんが、病気がちで床に伏せているよりも、壁紙で爪を研いだり、家中を全力で走り回ってくれるほうが、一緒に暮らす方としては安心できます。

そんな、猫らしいといえば猫らしい姿を多く見られるのも、MIX・雑種猫と暮らすメリットであると思っています。

第2位『スコティッシュ・フォールド』

スコティッシュ・フォールドの画像

出展:http://www.pakutaso.com/

垂れ耳がなんとも可愛らしい『スコティッシュ・フォールド』が、堂々の2位にランクイン。

ちなみに去年の2位は『アメリカンショートヘアー』だったようで、ここ最近では人気急上昇の種類でもあります。

そんなスコティッシュ・フォールドには長毛種と短毛種が存在し、長毛種は非常に珍しいことからも、より人気が高い傾向にあるようです。

一説には「人懐っこくて甘えん坊な性格の子が多い」といわれており、これも人気の秘訣なのかもしれませんね。

Wipipediaによれば、スコティッシュ・フォールドは『イギリスに起源を持つ猫』で『スコットランドで発見された突然変異の個体から発生した品種』であるそうです。

また、スコティッシュ・フォールドの『フォールド』は、英語で『折れ曲がり』という意味です。

スポンサードリンク


第3位『アメリカンショートヘアー』

アメリカンショートヘアーの画像

出展:http://www.photo-ac.com/

日本でも1990年代ごろから “人気の猫” として有名なのが、今回第3位の『アメリカンショートヘアー』です。

気品を感じるシルバーの被毛にシマシマのトラ柄模様がいかにも猫らしい、とても可愛くて愛嬌のある種類の猫です。

またその性格は「陽気で好奇心旺盛」といわれており、犬と一緒に暮らすことも可能だとか。

一般的に「アメショ」と略されて呼ばれることも多く、昔から猫好きたちにも愛されている猫です。

ただ、アメリカンショートヘアーという種類には『太りやすい体質の子が多い』そうなので、一緒に暮らす際には食事管理に気を配ってあげる必要もあります。

第4位『メインクーン』

メインクーンの画像

出展:http://jp.freepik.com/

一般的な猫と比べると体が大きい種類の猫で「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持つ『メインクーン』が、4位にランクイン。

大きな耳と長い被毛が特徴的で、どことなく感じられる大らかなイメージと優雅な見た目が人気の猫です。

そんなメインクーンは『とても賢く手先も器用』といわれており、蛇口を自分でひねって水を出したり、トイレをきちんと流したりという驚きのエピソードもあるほど、頭の良い種類の猫でもあるようです。

余談ではありますが、ジャガイモの「メークイン」と間違えられることも多いとか。

第5位『ロシアンブルー』

ロシアンブルーの画像

出展:http://www.flickr.com/ © Nao Kitano

その名の通り、ロシア生まれの『ロシアンブルー』は、品のある短いグレーの被毛と美しいグリーンの目が特徴的な種類の猫です。

ロシアンブルーの性格は、よく「犬のような」と表現されることが多いように、一般的な猫とは違って『飼い主との主従関係』を構築することも可能であるといわれています。

また、口臭や体臭がほとんどなく、被毛も短くてケアに手間がかからないことからも「一緒に暮らしやすい猫」として紹介されることも多いようです。

そんなロシアンブルーは、1位の『スコティッシュ・フォールド』や2位の『アメリカンショートヘアー』のような爆発的な人気こそないものの、猫の人気ランキングでは常に上位をキープする、コアなファンの多い種類の猫でもあります。

日本で人気の猫の種類ランキング まとめ

今回の『日本で人気の猫の種類ランキング ベスト5』はいかがでしたか?

さすがに上位5位ともなれば、猫好きでなくとも「名前だけは聞いたことがある」

そんな子たちばかりだったのではないでしょうか?

ちなみに、5位以下のランキングは・・・

6位『ペルシャ猫』
7位『ノルウェージアン・フォレスト・キャット』
8位『マンチカン』
9位『アビシニアン』
10位『ソマリ』


となっていました。

また、今回5位までのランキングでご紹介させて頂いた猫さんたちの画像は、個人的に「かわいいな」と思った写真だけを厳選して集めてみました。

世の中には様々な種類の猫たちがいますが、やっぱり一番大切なのは、その子の個性であり、一緒に暮らすあなたとの相性だと思います。

多少、欠点があったり、ワガママすぎる性格くらいのほうが、のちのちはチャームポイントとして愛せるようになることもありますので、どうか新しい家族として猫との暮らしをお考えの際には『広い心』と『大きな愛情』を持って迎えてあげて欲しいなと願っています。

【関連記事】

【猫の種類】日本に多い『猫の柄・模様ランキング』TOP10【猫の種類】日本に多い『猫の柄・模様ランキング』TOP10


スポンサードリンク


この記事を書いた人
モーさん
我が家での立ち位置は、チョム、コキチに続いて3番目。このブログの構成、イラスト、ライター担当。猫に好かれたい一心で、猫の気持ちを理解しようと日夜研究に勤しむが、ややカラ回り気味。実は猫アレルギー持ち。
 
 

コメントを残す

このページのトップへ